辻が花のできるまで(工程)

企画設計

process01
何種類もの下書き図案を元に、本図案を描き、パソコンに取り込みます。どの角度から見ても綺麗なように色、ぼかしの形などを決定していきます。

型付け

process02
型紙を白生地に載せ、糊伏せをしていきます。型紙枚数は着物一枚につき、100枚以上に及ぶこともあります。型がずれないように丁寧に型付けをしていきます。

引き染め

process03
process04

何色もの染料を使用し、熟練した職人が13mもの生地に鹿野毛で作った刷毛で一気に染めていきます。染めむらなく均一に染めるには、非常に高い技術を必要とします。

手描き友禅

process05
柄部分に一色一色を、それぞれ筆を替えて丁寧に手で色を挿していきます。使用する染料は50色以上ありますので、繊細で美しい辻が花の表現が可能です。

絞り

process06
力加減など非常に難しい工程で、絞り専門の職人が丁寧に絞っていきます。絞り技法も何種類もありますので、花の種類などによって使い分けていき、生地に奥行きと深みが与えられます。